スポンサーリンク

2013年10月15日

ゆっくり走るだけでも痩せることは出来るのか?

ゆっくり走るだけでも痩せることは出来るのでしょうか。

答えはYESです。




速く走ればそれだけ苦しく運動した気にもなりますよね。
しかし、ゆっくリ走ればそれだけ楽に走ることが出来ます。
実はこれが、ランニングで痩せる秘訣なんです。

□ペースはゆっくりでも長い時間走る
・最初は10分でも良いです。
・但し、次の日は11分でも良いので、昨日より少しでもランニングしましょう。
・最初の目安はゆっくりで良いので15分、毎日15分走ることができたら最高です。
・最終的に週3日以上、一回30分は走れることを目的としましょう。
・スピードはやりきれる速度、ゆっくりで良いんです。
⇒昔は体脂肪を燃焼させるためには20分以上〜なんてことが言われていましたが、現代では動けば動いた分だけ体脂肪が燃焼され得ることが実証されています。

トレーニングというのは苦しめば苦しむほど効果的ではなかったのか?
という疑問が湧いてきそうですが、ゆっくリ走るからこそ、多くの時間と距離を走ることができ、それだけ継続性と効果が出やすいのです。
逆にスピードを上げることで、短時間フィットネスを行った場合は脂肪燃焼よりも筋肉がつくことが優先され、ダイエットには不向きと言えます。
下手したらウオーキングでも達成できるような運動強度でかまいません。
どんなにゆっくりでも、定期的に走れば、体脂肪は必ず燃焼されます。

ランニングで行うダイエットは有酸素運動での脂肪燃焼を期待します。
酸素を有効に取り込みながら一定時間を続けられる運動ということになります。
この有酸素運動では、運動の強さよりも長さに比例して脂肪燃焼効果が現れます。
強い運動でも短時問では効果が薄く、弱い運動を長時問持続することが有効なんです。

□LSD ロング・スロー・ディスタンス(Long Slow Distance)
・要はマラソン選手がやっているLSDトレーニングと考え方は同じです。
・無理のないレべルを長く定期的に続けることこそ近道です。
・むしろ基礎体力が不足しているうちに、走るペースを上げてしまうと、体への負担が大きくなリ過ぎてしまいます。
・ペースを上げた走リをするばするほど、ヒザや腰などに違和感を覚えたり、場合によっては痛みを感じてしまう可能性も高まります。
・会話ができるくらいのペースで30分から1時間ゆっくり走ることが望ましいです。

□心のコントロールと継続
・大事なのは継続して走ること、やめた瞬間に体脂肪は燃焼をやめてしまうくらいの気持ちで望んでください。
・主婦やOKは忙しいものですが、朝の30分や、夕方の60分などをうまく活用して、フィットネスを続けましょう。
・楽な姿勢で力を抜いて長い時間ゆっくり走る、これだけなんです。
⇒力を抜いて走ることでより美しいフォームで走ることが出来ます。
⇒これにより、美しいスタイルも手に入れやすくなります。




posted by Run☆Run at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ランニングを始めたら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377588045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。